fc2ブログ

トゥトゥ(古代エジプト神)

  トゥトゥ神とは、デルタ地方にあった聖都サイスから発祥した 「ライオンの神様」と言われ、 後にエジプト全土で信仰されました。  また、紀元前2世紀から紀元後3世紀には、 ギリシャやイタリアなどにも広がって 信仰されていたと言われております。  トゥトゥ神は、サイスで信仰されていた〔戦いの女神〕ネイトの 息子と言われています。  また、トゥトゥ神のギリシャ読みは 「ティトエス」と呼ばれいています。 ...

続きを読む

オヌリス(古代エジプト神)

  オヌリス神とは、主に古代エジプトのアドビス、タニス地方で 【戦いの神】として信仰されていた神様です。  オヌリスはギリシャ読みでエジプト名はアンフル神と言われています。  ヌビアにいたメヒット女神(ライオンの姿)を連れ戻したとして、 アンフル(オヌリス)神と呼ばれるようになったと言われています。  また、このライオンを連れ戻したことから 【狩猟の神】とも言われております。  アンフルという名前...

続きを読む

コンス(古代エジプト神)

  コンス神とは古代エジプトの 【月】の神様として 信仰されておりました。  テーベでは、〔太陽神〕アメンと〔国家の母神〕ムトの息子として、 またコム・オンボにおいては〔ナイル川の守護・豊穣の神〕セベクと 〔愛・美・幸運の女神〕ハトホルの息子として、 どちらの場合も三柱神の一柱として信仰していたと言われております。  容姿は、少年の髪型をしたミイラ、 または、ホルスと同じ隼の頭を持った姿で描かれて...

続きを読む

アペプ(古代エジプト神の悪神)

  アペプ神とは、【闇と混沌】を象徴する神様といわれ 〔太陽の運航を司る〕ラーの最大の敵と見なされ、 太陽の運航を妨げる、【悪神】として登場します。  ギリシャ名で、「アポピス・アポフィス」などと呼ばれており、 主に巨大な蛇として描かれています。  また、鰐の姿で描かれている場合もあります。  アペプ神が日食を起こすとされており、 アペプ神が動いたら地震を起こし、 〔破壊の神〕セトと戦えば雷雲を発...

続きを読む

ベス(古代エジプト神)

  ベス神とは、古代エジプト男神の一柱で、 【世帯人の保護】、特に母親や子供、また出産の護身として崇拝され、 後に【すべての良いものの擁護神】となり、 【悪いものすべてを敵と見なし攻撃して護衛する】と言われ、 サッカラやメンフィス、デンデラなどで、 大変古くから信仰されていたと言われております。  ベス神は、古代エジプトの神々とは容姿が異なり、 エジプトの神々は横顔で示されていましたが、 ベス神は...

続きを読む

☆ おすすめ [PR] ☆







◇◆ さそら流 専門的な風水のページ ◆◇

おすすめスィーツ

  神戸のチョコレートなら…

プロフィール

しろさそら

Author:しろさそら
風水研究所さそらのしろさそらです。

現代の風水を研究しております。
どうぞよろしくお願いします。

おすすめスィーツ2

京都宇治 伊藤久右衛門さん

★定番の味 宇治抹茶だいふく★


★宇治てぃらみす★

楽天カード

  使い方次第で有効活用!!

革財布・革小物の専門店

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

競馬予想サイト

(有料)ですが皆様方が予測されている情報がたくさん集まっております。